行事毎に自分でも贈ってもイイお酒を選びましょう。 | ワクWAクーポン
スポンサーリンク

お酒を買う・贈るのに最適な紹介。

ショッピング
スポンサーリンク

行事の際にお酒を贈る事も多いですね
正月や節句の際や母の日や父の日、さらに誕生日などには贈る物。

スポンサーリンク

贈る基準は

贈る相手に因って基準は変わりますね、自分で飲む場合は見た目より味ですけど、
季節の節目や大切な人に贈る場合は見た目も重要です。

行事別のお酒

・正月には日本酒の金箔入りなどのお祝い気分を盛り上げれる少し派手目のお酒がイイです。
・成人式は下記にも記載してますがオリジナルシャンパンで飲んでからも飾れる品を。
・節分は恵方巻きも有りますが、恵方飲みも一部では実施されてます、新酒を毎年の恵方を向いて飲む行事ですのでその年の新酒が最適です。
・バレンタインはチョコレートで合わすならワインやブランデーやウィスキーがお勧めです、日本酒も合います、全てに言えるのは癖の少しあるお酒の方が合いやすいです、ちなみにチョコのリキュールも有ります、甘いので好き嫌いは分かれるかも!?

瓶の美しさ

誕生日や結婚式や二次会に持って行くと喜ばれるシャンパン(スパークリングワイン)なども有ります。
友達同士でも嬉しい事ですので、写真があるならこっそり贈るのも面白いですよ。

アートシャンパンなどは成人の日に持ってこいです、「祝成人」の祝いに贈りますと一生の思い出になります、瓶は飲み干してもそのまま残りますのでその後のインテリアなどでも飾って置けます。
※アートシャンパンは印刷方式がサンドブラストですと瓶が薄くなってる部分が有りますので、安全の為に飾るには飲んでから飾りましょう。

味で決める

味で決めるには自分の分は好きな味の好みは分かりますが、相手の好みは分かりませんよね。
出来るだけ相手の好みを考えて贈る手助けを紹介。

まずは相手の良く飲む好みをリサーチ出来たらしといた方がイイです。
お酒と言っても、日本酒・ビール・ワイン・果樹酒・リキュール・焼酎いろんな種類があります。
商品の全ては紹介出来ませんので選ぶポイントを解説します。

お酒を囲む家族
写真はイメージです

・ビール


ビールは大麦を発芽させた麦芽をビール酵母でアルコール発酵させたお酒です。
地ビールなどは使う材料や材料比率などを厳選して殺菌方法まで丁寧に作っているので、金額は高くなりますが、個性的なあじわいになります。


第三のビールは麦芽とホップ以外の材料を混ぜて作った「発砲アルコール飲料」ですので、口当たりが軽いとかスッキリするなど言われますが、ビールが好きな人では醸造アルコールが入っているのが多いので風味が美味しくない、嫌いなどの声が聞かれます。ビール好きな人には贈らない方が良いでしょう。


ビールには定額制のサービスもありますので、自宅で一緒に飲む時には自分でも一緒に飲めるのは嬉しいですね。

・日本酒


日本酒は米と麹を原料とする醸造酒です。
日本酒好きなら、純米酒がお勧めです、純米酒は米、米麹、水だけで造られた昔から伝え作られている製法の日本酒です。
純米酒はお米の味わいだけで作っていますので香りが良くて呑みやすいです、個人的には二日酔いが少ないのは純米酒です、熱燗などにする時は純米酒の方がスッ鼻に香る感じが好きです。
こだわりが多いお酒が多く値段は高めです。


他に吟醸酒と本醸造酒の日本酒が有りますが先ほどの純米酒に比べて醸造アルコールが添加されているのが大きな違いです、好みに分かれますがお買い求め安い値段で手に入りやすい日本酒です。
値段は純米酒より安価な物が多く手に入りやすいです。

贈る際には純米酒の方が喜ばれる傾向ですが金箔入りなどのおめでたい時に贈る場合は製造方法より他の事で決めても良いでしょう。

定額制の日本酒もありますのでこちらも参考にして下さい。

・焼酎

焼酎は作る素材によって多種多様に存在します、なかなか贈るのには難儀する項目の一つです、
ざっと原材料だけでも、米、麦、芋、黒糖、落花生、そば、栗、ジャガイモ、トウモロコシ、他に渡り米の原材料や芋の原材料でも数種類有りそれぞれの良さがありまして難しいものです、贈る時に悩んだ時には自分が飲んで好きだった焼酎を贈るのも手だと思います「こんな感じで飲みやすかったから」など感想を添えて贈ると相手にも好感が持てます、ただアレルギーなどで飲めない原材料の場合がありますので贈る相手に気を付けて下さい。

味は米焼酎は飲みやすくクセが少なく焼酎に抵抗ある人でも飲みやすいです、一方芋焼酎は特有の香りが有りますので好き嫌いが分かれます、麦焼酎は特有の香りとスッキリとした感じ、そば焼酎は独特の香りと深みのある味です、焼酎は原材料の味の影響色濃くでるお酒ですので、ご当地の焼酎も有るので贈る時には地元の味を贈るのも悪く無いですよ。

・ワイン

ワインの種類は大きく分けて赤、白、ロゼとあります。
ちなみに厳密にはシャンパンは「シャンパーニュ地方」で作られてフランスのワインの法律(AOC法:原産地呼称管理法)に規定された条件を満たした物のみに与えられた名称ですので、一般的な炭酸が入っているワインは「スパークリングワイン」と呼ぶのが正解です。


は渋みとコクが一番感じられブドウの味をフルに堪能するには最適ですが、独特の渋みや酸っぱさがが苦手な人には受け付けない人もいます、対してはスッキリとした味わいで独特の渋みが無く飲みやすいです、ロゼワインのロゼはフランス語で「バラ色」の事で多くのロゼはキレイな色をしています、見た目は製法やブドウの種類で様々ですがどれも写真映えする綺麗な色をしています、味の方も赤とも白とも違う口当たりがライトな感じの味わいです、ワインではあまりないごくごくいけちゃう感じです。実際にごくごくは人に因りますが…飲み過ぎない様に。

・ウィスキー

ウイスキーは、原料の穀物と酵母と水で糖化・発酵・蒸留した蒸留酒です。原料では、モルト(大麦麦芽)、ライ麦、小麦、トウモロコシなどがあり、また産地によって種類がわけられます。

大麦麦芽だけを使ったモルトウイスキー、小麦やライ麦、トウモロコシなど他の穀物を使ったウィスキーをグレーンウイスキー、モルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドしたブレンデッドウイスキーがあります。

ウィスキーが好きならモルトウイスキー、クセの無く飲みやすいのはグレーンウイスキー、最初はブレンデッドウィスキーから入ると飲みやすいかも知れませんが、ウイスキーらしさを感じるならモルトウィスキーから飲んで欲しいです。また他にもライ麦が原料のライウイスキー、トウモロコシが原料のコーンウイスキーなどがあります。

個性的であまり個人で買わない、ライウィスキーやコーンウイスキーなどを贈るのもウィスキー好きにはお勧めです。

※お酒は20歳になってからです、未成年の飲酒は法律で禁じられてます。

スポンサーリンク
ショッピング生活
スポンサーリンク
wakuwakucouponをフォローする
ワクWAクーポン
タイトルとURLをコピーしました